金運上昇ガイド|実践的なポイントを伝授

MENU

金運がある人とない人って本当か

金運の有無と言うのは、実際に存在していると言えます。勿論、何もしなくてもお金が入ってくると言う人は少ないのですが、お金で困る事は無い、苦労した事は無いと言う人はある程度の金運があると言っても良いでしょう。

 

ただそうした金運のある人と言うのは、金融機関もうまく利用している人に多くみられます。例えば、何かを必要とした場合に融資を受ける事になる場合も珍しくありません。住宅や自動車の購入、さらに何らかの投資等に対して融資を受けると言う人もいます。その場合のお金と言うのは自分の為に使う物、生きたお金と言う事が出来ます。勿論金融機関から融資を受けるのは、そうした自分のための投資目的と言う事だけではありません。例えばちょっとお小遣いが足りないからとか、欲しい物があるから、他人に自分の事を良く見せたいからと言う感じで借りる場合もあります。

 

両者の大きな違いは、お金の扱い方です。前者の方は自分の為に使っており、さらにそれによって何らかの物を得ています。後者の場合は確かに何かを得てはいますが、その後自分の手元に残る物はとても少ないと言っても良いでしょう。金運と言うのは決して目に見える物ではなく、またその人によっても感じ方は大きく違って来ます。金運がある人と言うのは、基本的には自分の為に生きたお金を使う事が出来る人の事だと言っても良いでしょう。従って、その人のお金に対する認識、意識、そして使い方などによっても金運があるかどうかと言う事は大きく分かれる場合も少なくありません。

よく聞く金運のある顔の人なんて話

自分の運勢が気になるという方は、さまざまな種類の占いなどをチェックしたりするわけですが、星占いなどのメジャーな占いのほかにも、顔で運勢を判断するという方法も存在しています。顔の相を見て、その人の金融に関する金運や、結婚運、仕事運などを判断しようとする占星術のようなものなのですが、具体的なパーツで運勢が違ってきたりするわけです。

 

たとえば、顔の鼻の穴が大きくひろがっている方の場合は、お金が逃げていきやすいとされていますので、金運が悪いと判断されたりしますし、あるいは口角が上がっている方は、お金が集まりやすいとされて金運が良いとされたりしているわけです。このように、顔のパーツのかたちなどによって、金融に関する自分の運命が、顔の鑑定士によって判断されたりするわけです。

 

金運がある人の顔というのは、鼻の穴がひろがっておらず、なおかつ口角が上がっているということが条件だとされていますが、ほかにも、額が広かったり、目と目のあいだが少し離れている人の場合は、金融面に関する運勢が良いとされています。このようなパーツを持っている方は、金運がいいと言われていますので、いちど自分自身の顔をチェックしてみることをおすすめします。やはり、金運が良ければ、人生のあらゆる場面でメリットがあることは間違いありませんし、金運だけではなくて、ほかの運勢にも影響を与えるわけですから、金融の運が良いということは非常に有利だと言えるでしょう。

金色の財布は金運アップする?

財布が古くなって買い替えようと思いますが、どうせ買うならば金運アップの財布が欲しいです。運をアップするためには、お札の向きを同じに入れるとよいそうです。しかし上向きに、という人もいれば、下向きに、という人もいます。他にも、蛇の脱皮した皮の一部を小銭とともにしておくとよい、などという説もあります。諸説ありすぎて、悩みます。縁起のよい財布とめぐり合うためには、どんなところに気を付けて、どんな縁起やゲン担ぎをしたらよいでしょうか。

 

よくいわれていることは色にこだわることです。一般的には金色や黄色の財布を持つと縁起がよくなるといわれています。特に金色は、強力な金運アップがあるといわれています。そもそも、財布の色にこだわるのは、どういう慣わしからでしょうか。調べてみると、これは風水に関係していると考えられます。風水でいうと、色にはそれぞれいろんな意味を持っています。

 

例えば、黄色の財布を持つとお金が貯まるという謂われを誰しも一度は聞いたことがあると思いますが、確かに、お金を引き寄せるものでもあり、逆に出ていくということも言われています。つまり出入りの動きが激しいということです。金の財布にも似たような謂れがあり、黄よりもよりパワーが大きいと解釈されているようです。もちろん、どんなことをしても運だけでは何もアップしません。堅実に貯めていくことが正当ではありますが、心のゆとりを持って風水に頼ってみることも大切です。

メンズ財布定番色の黒は金運によい?

財布は、金運を左右すると言われています。一見、黄色や金色が金運をアップするかと思われがちですが、メンズの場合は、黒の長財布が良いとされています。まず、長財布であれば、お札を半分に折ることなく入れることが出来ます。そのため、お金から嫌われない、お札にとっては居心地が良く、のびのび出来ると言う理由があるからです。

 

また、収納が多い物よりも、とにかくシンプルな物で、整理整頓をしてすっきりと使える財布が最適です。レシートやカードを入れすぎないように、小まめに綺麗にして、使うようにします。次に、外側が黒色で、内側が金色や黄色であれば、金運を引き寄せることが出来ると言われています。黄色や金色は、お金を呼ぶと言われています。さらに、素材は革がおすすめです。

 

牛革や豚革・蛇革であれば、さらに金運上昇の効果がアップします。特に牛は、豊かさの象徴であり、牛革には、お金を貯めると言う意味があります。しかし、何年も使っていて、ボロボロにほつれた財布では、金運も遠のいてしまいます。風水では、2・3年に一度買い替えることで、運気を呼び込むことが出来るとされています。もし同じ物をまだまだ使いたいと言う場合には、使った年数だけ財布を休ませることで、再び運気が戻ってくると言われています。例えば、1年使っているならば、1年間は休ませると言うことです。既に黒の革財布を使っていて、金運が良いと言う場合には、このような使い方もおすすめです。